【ブログで広告収入を得る方法】収益を得る仕組みとおすすめの3つの広告サービスを紹介!

収益化

【ブログで広告収入を得る方法】収益を得る仕組みとおすすめの3つの広告サービスを紹介!

※当サイトは、プロモーションが含まれています。

  • これからブログを始めようと思ってるんだけど...
  • どうやって収益を得ているのかわからない…
  • ブログで収益が得られる仕組みを教えて!


近年、働き方改革や副業の流行に伴い、多くの人々がブログを収益化の手段として選んでいます。

しかし、「ブログでどのように収益を得るの?」「どんな仕組みになっているの?」という疑問を持つ方も多いでしょう。

私自身もブログを始めるにあたって調べてみると色々な情報で溢れていて、「何から勉強すればいいのかわからない…」と頭を悩まされました。

そこで、この記事では、初心者でも迷わずに努力さえすれば、ブログで広告収入が得られるようブログで収益を得るための仕組みやおすすめの3つの広告サービスについてまとめて解説します。


この記事は以下のような人におすすめ!

  • ブログで収入を得たいと考えている方
  • 一般的な広告サービスについて知りたい方
  • ブログの収益化に関する基礎知識を学びたい方


みなせ

ブログの収益化には広告収入が重要。少し長くなるけど読み終える頃には収益化の基本をマスターしていること間違いなし!


1.ブログで広告収入が得られる仕組み


1-1 ブログの収入源は、「広告掲載による広告収入」

ブログの収入源は、「広告掲載による広告収入」です。

ブログに広告を掲載し、その広告がクリックされたり、商品が購入されることで収益が発生します。

この収益の源泉は企業の広告費。ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)を介して、収益の一部がブロガーに還元されます。

掲載できる広告は、自由度が高く、自分の好きな商品やおすすめしたいサービスを紹介しながら収益を得ることも可能。

たとえば、コスメやグルメなどのカテゴリーに関連した広告を掲載できます。

CMや雑誌と同様に、ブログも一つのメディアとして重要な役割を果たします。


1-2 なぜ、ブログで広告が成立するのか?

個人のブログは企業のブログと比べて影響力が小さいと思われがち。

しかし、実際には企業にとって非常に重要なメディアの一つなのです。

個人ブログは、個人が商品やサービスを紹介するための場として活用できます。

このため、企業ではできないユーザー目線の体験や口コミを読者に対して信頼性の高い形で伝えられます。

また、大手メディアでは難しい他社製品との比較記事も、個人ブログでは自由に書けます。

このように、個人ブログは企業にとっても重要な広告の手段なのです。


2.ブログで広告収入を稼ぐ方法

ブログで収益を得る方法は大きく分けると以下の3つです。


ブログで収益を得る方法

  • クリック型広告
  • 成果報酬型広告
  • 純広告


広告をクリックされることで収益が発生する「クリック型広告」、広告を経由して商品を購入(またはサービスに申し込む)されると収益が発生する「成果報酬型広告」、ASPやGoogleアドセンスなどの広告配信サービスを利用せずに、直接企業と広告掲載の契約する「純広告」の3つがあります。


2-1 クリック型広告

クリック報酬型広告では、自分のメディアに配置した広告をユーザーがクリックすることで収益が発生します。


代表的なクリック型広告

  • Googleアドセンス


クリック報酬型広告では、広告の内容は自分で選べません。

たとえば、Googleアドセンスでは、表示される広告はGoogleが決定します。

クリック一つにつき平均で数10円から数100円ほどの報酬が得られると言われています。

そのため、収益を安定させるためには、複数の広告を組み合わせることがおすすめです。


2-2 成果報酬型広告

成果報酬型広告は、商品やサービスの申し込みによって報酬が発生する広告です。

代表的な成果報酬型広告は、大きくわけて以下の2つです。


成果報酬型広告の種類

  • ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)
  • Amazonアソシエイト(楽天アフィリエイト)


上記のサービスは、広告主とメディア運営者を仲介する役割を果たしています。

ASPやAmazonアソシエイトなどに登録すると、自身のメディアで商品やサービスを紹介できるようになります。

ASPには、さまざまな種類があり、提携している広告主や報酬の条件もさまざま。

したがって、収益を最大化するためには複数のASPに登録し、最も報酬の高い広告を見つけることが重要

また、Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトを利用すると、それぞれのサイトで販売されている商品を自身のメディアで紹介できます。

商品が売れると報酬が得られる仕組みはASPと同様です。

ASPだけでなく、Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトにも登録しておくと、多数のサービスや商品の中から自身のサイトに合ったものを選べます。


2-3 純広告

純広告の場合、広告主は特定のメディアの広告枠を買取り、自社のサービスや商品を宣伝します。

広告主はメディアの運営者に対して月額料金を支払い、広告を継続的に表示してもらいます。

メディアの運営者は純広告を掲載することで、毎月安定的な収入を得ることが可能です。


3.ブログの平均収入と平均作業時間

3-1 ブログの平均収入

特定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会|アフィリエイト・プログラムに関する意識調査<2022>

「ブログで実際にどれくらいの収入が得られるの?」と疑問を持っている人もいるでしょう。

特定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会による「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査<2022>」によると、「収入はない」が32.6%。つまり、約7割の人は利益が出ており、約4割は1,000円以上の収益を得ています。

また、月1万円以上のアフィリエイト収入があるのは35.4%にのぼり、月10万円以上と回答された方は全体の18.7%となっています。


3-2 平均作業時間はどれくらい?

特定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会による「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査<2022>」によれば、ひと月の収益が1,000円未満のグループの作業時間は1日1時間以下が69.9%でした。一方、ひと月の収益が10万円以上20万未満のグループでは、64.8%が1日3時間程度以上の作業時間を費やしています。

単純に作用量を増やせばいいというわけではありません。

しかし、本気で収入を増やしたいのであれば、スキマ時間を有効活用し、1日3時間程度を目標にブログ運営に取り組んでみることをおすすめします。


みなせ

通勤中の電車の中でもスマートフォンがあればブログを書けるよ!


3-3 ブログをどれくらい続ければ稼げる?

特定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会|アフィリエイト・プログラムに関する意識調査<2022>

一方、1年以上継続してブログを運営している人のうち、1万円以上の収益を得ている方は全体の83.8%に達しています。

アフィリエイトマーケティング協会による「アフィリエイトプログラムに関する意識調査<2022年>」によれば、「収入がない」と回答したブログ運営歴が1年未満の方は全体の63.6%を占めています。

このことから、継続している人ほど収益が増えていく傾向にあることがわかります。

数百円程度の収益を得る場合、通常は3か月から6か月で達成できることが多いようです。

しかし、数千円から数万円といった大きな金額を稼ぐには難易度が高くなります。

順調に進んだとしても、収益を得るまでには半年から1年以上かかると考えておきましょう。


4.ブログ初心者におすすめの広告サービス3選

ここからは、ブログ初心者が収益を得るためにおすすめの広告サービスを3つ紹介します。


ブログ初心者おすすめの広告サービス3選

  • アフィリエイト
  • Googleアドセンス
  • Amazonアソシエイト


これらの広告サービスを活用することで、ブログで収益を得る可能性が広がります。


みなせ

自身のブログに適したサービスを選んで挑戦してみてね!


4-1 アフィリエイト(ASP)

アフィリエイトは、稼いでいる多くのブロガーが利用している広告収入のひとつ

ブログ上で紹介した商品やサービスが購入された場合に報酬を得られます。

報酬額は商品によって異なり、数十円から始まるものもありますが、一部のプログラムでは単一の成果で数万円の報酬を得ることも

一般的に言えば、GoogleアドセンスやAmazonアソシエイトなどの広告は報酬単価が比較的低い傾向にあります。

しかし、アフィリエイトには数千円から数万円に及ぶ高額な広告商材が多数存在しています。


アフィリエイトとは?

出典:A8.net


アフィリエイトって?

みなせ

アフィリエイトは、ブログ運営者と広告主である企業の間を仲介するASPを通じて、ブログに広告を掲載できる仕組みだよ!


ブログから広告収益を得るまでの流れは以下のようになります。



step
1
広告掲載を依頼。

企業は広告掲載をASPに依頼し、企業の広告がASPのプログラム一覧に掲載。


step
2
広告を掲載。

ブロガーは、そのプログラムに関連した情報や特化した記事を作成し、自身のブログに広告を掲載。


step
3
報酬条件の達成。

ユーザーがブログ記事を訪れ、掲載された広告をクリックして企業のサイトに移動し、報酬条件を達成。


step
4
広告費の支払い。

広告主から成果が承認されると、ASPに広告費が支払われる。


step
5
成果報酬の受取。

ASPは手数料を差し引いた後、ブログ運営者に成果報酬として支払わられる。


上記のステップを簡単に紹介しましたが、実際には報酬条件を達成するまですごく大変です。

広告主から成果が承認される際には、違反行為していないかチェックされます。

たとえば、自分自身で購入することが禁止されているにもかかわらず、自らが購入していないかなどです。

アフィリエイトを選ぶ5つのメリット

ここでは、広告収入を得られる方法の中からアフィリエイトを選ぶメリットについてご紹介します。

アフィリエイトを選ぶメリットは、主に以下の5つです。


アフィリエイト 5つのメリット

  • 高収益性がある。
  • セルフバックで商品やサービスをお得に利用し、その体験を記事にできる。
  • 特別単価を獲得できる。
  • 掲載する広告を自由に選べる。
  • 商品やサービスを訴求するスキルを高まる。


高収益性がある。

アフィリエイトの最大の利点は、「大きな収益を得る可能性がある」という点。

GoogleアドセンスやAmazonアソシエイトとは異なり、成約1件あたりの広告収益が大きいのが特徴。

ただし、特定のジャンル(金融、美容、サービスなど)は競争が激しく、プロレベルの個人や企業が競っている状況。

報酬が良いからといって、単純に始めるだけでは成功する可能性はほぼありません。

個人がアフィリエイトで成功するためには、自身に適したジャンルやテーマ選びが重要です。


セルフバックで商品やサービスをお得に利用し、その体験を記事にできる。

アフィリエイトサービスには、自己アフィリエイト(セルフバック)と呼ばれるシステムが存在します。


自己アフィリエイト(セルフバック)って?

みなせ

自己アフィリエイト(セルフバック)は、広告主の商品を自分自身で購入や契約することによって報酬を受け取る仕組みだよ!


自己アフィリエイトの主な目的は、実際にサービスを体験し、その体験を記事にすること。

これによって、読者に対してより具体的な情報や感想を提供できます。

しかも、セルフバックを活用することで報酬を得られるため、ブログの初期費用や維持費の回収が可能。


特別単価を獲得できる。

成果を多く上げて実績を築き、ASPの担当者がつくようになると、報酬が高単価になる特別単価(特単)を受けられるようになります。

特別単価が適用されると、アフィリエイトによる広告収入は大幅に増え、大きな収入源となります。

特別単価の話は初心者には早すぎるかもしれませんが、アフィリエイトを続けていく上で特別単価の存在はとても重要です。


みなせ

個人ブログにおいて、アフィリエイト×特別単価が最強の収益化方法。もし実現できれば、驚くほどの収益が得られるよ!


商品やサービスを訴求するスキルが向上する。

アフィリエイトを継続することで、商品やサービスを訴求するスキルが向上します。

ブログで得られるスキルは、以下のようなものがあります。


ブログ初心者おすすめの広告サービス3選

  • ライティングスキル
  • Webデザインスキル
  • マーケティングスキル etc...


これらのスキルは、ユーザーの興味を引き付け、商品の購入を促すために重要です。

さらに、これらのスキルはブログ以外のビジネスにおいても価値があります。


みなせ

高品質なコンテンツを制作する意識を持ちながら、スキルを向上させていこう!


掲載する広告を自由に選べる。

自分自身で掲載する広告を選べるのもアフィリエイトの利点。

広告選びの基準は、「自分のブログのジャンルや記事の内容と関連性があるかどうか」

自分のブログのテーマと広告の内容が異なる場合、ユーザーの関心は広告ではなく自分のブログに向かってしまいます。

その結果、広告がクリックされて購入につながる可能性は低くなります。


みなせ

ブログのジャンルと広告商品のジャンルを合わせるように心がけよう!


アフィリエイトの広告リンクは、自分で広告を選び、バナーの配置場所やサイズ、テキストリンクの設置方法などもカスタマイズできます。

もし、訪問者が広告ばかりに目が行くのを避けたい場合は、広告の配置方法を工夫してみましょう。

記事構成を変えて、ユーザーの行動を調整してみてください。


4-2 Googleアドセンス

次に、Googleアドセンスについてご紹介します。

Googleアドセンスは、Googleが提供するサービスであり、クリック型報酬広告の中でも最も多く利用されています。


Googleアドセンスとは?

出典:Google AdSense


Googleアドセンスって?

みなせ

Googleアドセンスは、企業と個人の間にGoogleが介入し、メディアに広告を提供するサービスだよ!


企業が支払った広告費は、「68:32」(メディア:Google)の割合で広告費が分配され、個人ブロガーに報酬として支払われます。

GoogleアドセンスとアフィリエイトやAmazonアソシエイトとの最大の違いは、広告が自動的に配信されるところです。


広告が自動的に配信される。

Googleアドセンスは、ユーザーの過去のサイト訪問履歴や登録情報などを基にして、「ユーザーに最適な広告」をGoogleが判断し、それに応じた広告を配信する仕組み

サイトの所有者は広告の表示位置を指定したり、配信しない広告を設定できます。

ただし、Googleアドセンスでは特定の広告を意図的に表示させることはできません。


Googleアドセンスの報酬。

Googleアドセンスの報酬は、1回のクリックごとに異なる単価が設定されています。

平均的には数十円から数百円程度。一部の広告では数千円の報酬が得られる場合も。

報酬の単価は、ユーザーの質によっても影響を受けます。

ユーザーの質が低い場合は、クリックの単価が低下し、質の高いユーザーの場合は単価が上昇する傾向に。(※)

また、表示される広告によっても単価は変動します。

たとえば、保険やクレジットカード、不動産などの長期的な利用を伴う広告では単価が高くなり、一度きりの利用に関する広告では単価が低くなる傾向があります。(※)

(※)これらはGoogleから公式に発表されたものではなく、一般的に言われている傾向です。

Googleアドセンスの単価を高めるには、「ユーザーが商品やサービスを購入または契約したくなるようなサイト作り」「継続的なアクセスを集めること」が重要です。


みなせ

「初めて得た収益がGoogleアドセンスからだった!」という人は多い!自分の努力によって稼いだお金は1円でもとてもうれしいよね!


Googleアドセンスを選ぶ4つのメリット

次にGoogleアドセンスのメリットと注意点を紹介します。

Googleアドセンスのメリットは、主に以下の4つです。


Googleアドセンス 4つのメリット

  • クリックされた時点で報酬が支払われる。
  • クリック単価が他サービスよりも高い。
  • ジャンルに縛られる必要がない。
  • プログラムを選ぶ必要がない。


クリックされた時点で報酬が支払われる。

Googleアドセンスの大きなメリットは、広告がクリックされた瞬間に報酬が発生すること。

アフィリエイトやAmazonアソシエイトでは、ユーザーが商品を購入、もしくはサービスを契約しない限り、報酬は発生しません。

Googleアドセンスでは、自動配信された広告がユーザーによってクリックされるだけで報酬が得られます。

そのため、収益化までのハードルが比較的低いです。


注意点

みなせ

Googleアドセンスを利用する際には、ブログの所有者自身が広告をクリックしたり、ユーザーに広告のクリックを促すことは厳しく禁じられているよ!絶対に行わないようにしよう!


AdSensポリシー違反が発覚した場合、広告配信が停止されたり、アカウントが停止される可能性があります。最悪の場合、再審査の対象から外されることも。


クリック単価が他サービスよりも高い。

Googleアドセンスは、他の広告サービスに比べて、クリック単価が非常に高く設定されています。

他のクリック型報酬広告サービスとしては、nendやi-mobile、A8.netなどが存在します。


代表的なクリック型報酬広告サービス

  • Googleアドセンス
  • nend
  • i-mobile
  • A8.net


しかし、これらのサービスでは、1クリックあたりの報酬は通常1〜9円程度が多く、Googleアドセンスに比べて低い単価設定となっています。

平均的に見ると、Googleアドセンスの1クリックの単価は30円前後

これは他のサービスと比較して3〜30倍も高いことが分かります。

このような高単価設定があり、Googleアドセンスが世界中の多くの個人や企業に選ばれる理由となっています。


みなせ

クリック報酬型の広告サービスは他にも存在するけど、Googleアドセンスが圧倒的に高単価!


ジャンルに縛られる必要がない。

Googleアドセンスでは、AdSensポリシーに違反しない限り、どんな記事でも広告が配信されます。

そのため、特定のジャンルに縛られる必要はありません。


注意点

みなせ

アダルトコンテンツなど一部のページでは、広告配信できないので注意しよう!


一方、アフィリエイトでは、掲載する広告はプログラムの中から選ばなければなりません。

しかし、Googleアドセンスでは、記事のジャンルに制約されずに広告が配信可能です。

たとえば、「芸能人情報」や「ニュース」「まとめサイト」といった、ユーザーが商品を購入しないコンテンツでも収益を得られます。

Googleアドセンスでは、ユーザーの行動に基づいて広告が配信されるため、クリックされる可能性も。

このように、広告の種類によらず、特定のジャンルに縛られることなく広告が掲載できるのは、Googleアドセンスの利点のひとつです。


プログラムを選ぶ必要がない。

Googleアドセンスの広告は自動で配信されるため、広告プログラムを個別に選ぶ必要はありません。

実際にアフィリエイトしてみると、多くのプログラムが存在し、それを選ぶだけでもかなりの時間がかかります。

また、アフィリエイトのデメリットとして、掲載していたプログラムが配信停止になった場合、すべての記事のリンクを貼り替えなければなりません

しかし、Googleアドセンスでは、仮に1つの広告主が出稿を停止したとしても、ブログ運営者に直接的な損失は発生しません。

広告の配信は自動的に管理されるため、運営者はプログラムの切り替えやリンクの変更の手間を心配する必要がないからです。


4-3 Amazonアソシエイト(楽天アフィリエイト)

最後に、物販系広告である「Amazonアソシエイト」について紹介します。

今回は楽天アフィリエイトについては触れませんが、基本的な仕組みは同じです。


Amazonアソシエイトとは?

Amazonアソシエイトの仕組みは、物販系のアフィリエイトと非常に似ています。

個人と企業の間には、Amazonというプラットフォームが仲介し、個人が紹介した商品の売上から0%〜10%の範囲で報酬が支払われます

紹介料率は、商品のカテゴリによって異なり、企業が出品している商品の場合は2%〜5%と比較的低め。

一方、Amazonが直接販売・管理している商品やサービス(例: AmazonビデオやKindleデバイス)は8%や10%と高めに設定されています。

ただし、報酬は1商品あたり1,000円(税別)が上限となります。


みなせ

紹介料率は、不定期で変更されるため、「Amazonアソシエイト・プログラム紹介料率表」で直接確認してね!


Amazonアソシエイトは、直接Amazonと契約を結ぶ形式のアフィリエイト

また、A8.netやもしもアフィリエイト、バリューコマースなどのASPを介したAmazonとの提携もあります

これらの提携によるアフィリエイトでは、紹介料率が異なる場合がありますが、もしもアフィリエイトは、さまざまな商品カテゴリで報酬が高くなっています。

基本的には、Amazonアソシエイトもしくはもしもアフィリエイトを経由したアフィリエイト提携をおすすめします。


Amazonアソシエイトを選ぶ3つのメリット

Amazonアソシエイトには、主に以下の3つのメリットがあります。


Amazonアソシエイト 3つのメリット

  • 購入のハードルが低い。
  • 一緒に購入された商品にも報酬が発生する。
  • 紹介できる商品の量が豊富。


購入のハードルが低い。

Amazonは、世界最大のECサイトであるため、商品を紹介する際の購入ハードルが非常に低くなっています。

通常の物販系アフィリエイトでは、ユーザーは企業のECサイトに会員登録してから購入する必要があります。

この過程で手間や時間がかかり、購入のハードルが高くなります。

しかし、Amazonでは多くのユーザーが既に会員登録しており、ワンクリックやツークリックで簡単に購入できます。そのため、気軽に買い物ができる利便性があります。


みなせ

ワンクリックでの購入は非常に便利!商品を紹介する側にとっても、商品を紹介される側にとっても、このハードルの低さは大きなメリットだね!


同時に購入された商品にも報酬が発生。

Amazonアソシエイトでは、広告リンクをクリックした訪問者がAmazon.co.jpを訪れ、24時間以内にショッピングカートに追加された商品やサービスに対して報酬が発生します。


アソシエイトリンク(アフィリエイトリンク) をクリックして、訪問者がAmazon.co.jpを訪れた後、24時間以内にショッピングカートに追加された商品が、紹介料の対象となります。ただし、訪問者が商品を注文したり、別のアソシエイトリンク(アフィリエイトリンク) 経由で注文した場合、その時点でセッションは終了となります。一度セッションが終了すると、その後に追加で購入された商品は紹介料の対象とはなりません。

Amazonアソシエイト


たとえば、あなたがブログに化粧品のアフィリエイトリンク広告(Amazonアソシエイト)を掲載し、私がその広告をクリックしたとします。

その後、私が化粧水は購入せずに、別の家電製品を購入した場合。

それでも、あなたはその家電製品の売上に対するアフィリエイト報酬を受け取れます

紹介料率は1件あたり低いかもしれませんが、まとめ買いをするユーザーが多いため、Amazonアソシエイトを通じて大きな収益を得ることも可能。


みなせ

このような仕組みはcookieというシステムを利用しており、他のASPでも同様の制度が採用されているよ!


紹介できる商品の量が豊富。

Amazonには、1億以上の商品が掲載されています。それらすべてをブログで紹介できるというのは、非常に魅力的。

商品の中には「誰が買うの?」と思うようなものもありますが、そのような商品でも一人のユーザーを想定して開発されているはずです。

あなたのブログを通じて、そのユーザーと商品が出会う可能性も。

また、商品数が多いため、ブログのネタに困ることも少なくなります。


5.ブログに広告を掲載するまでのロードマップ

次に、ブログに広告を掲載するまでの具体的な手順を4つのステップで解説します。

以下の手順で、ブログに広告を掲載できます。


ブログに広告を掲載するまでのロードマップ

  • ブログを作成する。
  • ブログの記事を書く。
  • 広告サービスへの登録・審査をする。
  • ブログに広告を掲載する。


5-1 ブログを作成する。

アフィリエイトを始めるためには、まずブログを準備する必要があります

ブログを持っていない場合は、まずブログを立ち上げましょう。

ブログの選択肢としては、無料ブログとWordPress(有料ブログ)があります。

広告掲載をする場合は、WordPressがおすすめです。

無料ブログでは、広告の掲載が制限されたり、広告配信サービスの審査に通らなかったりすることがありますので、広告掲載には向いていません。


5-2 ブログの記事を書く。

ブログの作成後は、広告サービスを利用する前にまず記事を書きましょう。

広告サービスに登録する前に10~15記事ほど書くことをおすすめします。

記事を先に書く理由は以下のとおりです。


広告サービス登録前にブログ記事を書く理由

  • ブログを書くことに慣れるため。
  • 広告サービスの審査を通過するため。


記事を書くことで執筆のスキルは磨かかれ、ブログ運営にも慣れていきます。

記事の書き方やコンテンツの構成を学ぶためにも、積極的に記事を書いてみましょう。

また、「Googleアドセンス」や「Amazonアソシエイト」などの一部の広告サービスは、一定数の記事がないと申請が通過しない場合があります

記事を充実させることで、広告サービスへの申請時、審査に合格しやすくなります。

なお、A8.netは記事がなくても登録が可能なので、先に登録したい場合は進めることもできます。


5-3 広告サービスへの登録・審査をする

一定数の記事が書けたら、以下のリンクから今回紹介した広告サービスへの登録と審査をしましょう。


広告サービス

  • アフィリエイト(A8.net)※国内最大手
  • Googleアドセンス
  • Amazonアソシエイト


それぞれの広告サービスの審査に合格するためのコツを解説していきます。


アフィリエイト(A8.net)の審査 合格のコツ

ここでは、アフィリエイト(ASP)の最大手であるA8.netについて解説します。

A8.netは、会員登録審査がないASPであり、ブログを作成したら即座に会員登録できます。

つまり、審査に落ちることはありません

ただし、ASPに登録後に広告主の企業と個別に提携(プログラム提携)する必要があります。

プログラム提携の際、審査が行われない「即時提携」や「審査なし」のプログラムもありますが、一部のプログラムでは審査が行われます

その場合は、記事を書いた後に審査が行ってください。


みなせ

アフィリエイトを始めるならA8.netへの登録は必須!


Googleアドセンスの審査 合格のコツ

Googleアドセンスの審査のコツをお伝えします。

ブログ初心者で、「Googleアドセンスの審査に一発で合格できなかった…」という方は多いです。

しかし、審査に落ちても、何度でも申請できるので、決してあきらめる必要はありません。対策を講じれば大丈夫です。

Googleアドセンスの審査に合格するためのコツは、ブログの外観と記事の内容を整えること

以下の具体的なポイントに取り組んでみてください。


みなせ

前提として、AdSenseの資格要件は、満たしておこう!


審査のポイント

  • プロフィールまたは運営主体

    本名や住所などの詳細情報は必要ありませんが、ブログの性質や目的がわかるように、簡単なプロフィールを用意してください。

    ブログの内容やテーマに関連する興味や専門知識などを簡潔にまとめることで、読者にとってわかりやすくなります。
  • お問い合わせとプライバシーポリシー

    問題や質問がある場合、読者が連絡できる手段としてお問い合わせページやSNSなどの連絡先を用意してください。

    同時に、プライバシーポリシーを明記し、個人情報の取り扱いに対する責任とブログ運営の透明性を示しましょう。
  • 記事の内容

    オリジナルコンテンツとして、実体験や個人の感想に基づく記事を書きましょう。

    読者にとって有益な情報や役立つ知識を提供することに重点を置き、単なる日記ではない内容を目指してください。

    記事数や更新頻度には厳格なルールはありませんが、できるだけ充実したコンテンツを提供するため、適度な記事数と更新頻度を心がけてください。
  • 著作権フリーの画像

    記事の見栄えを良くし、読みやすさを向上させるために、画像を使用する際は著作権フリーの画像を選びましょう。

    他人の著作権を侵害しないために、利用権が許可された画像や商用利用可能な素材を活用してください。


Googleアドセンスの利用条件

Googleはアドセンスの利用条件として3つの要素を挙げていますので、一度目を通しておきましょう。


Googleアドセンスの利用条件

  • 他にはない魅力があるか
  • 操作が簡単でわかりやすくなっているか
  • ユーザーの興味を引く独自のコンテンツがあるか


参考: サイトのページがAdSenseの利用条件を満たしているか確認する


みなせ

私の友達は、1か月で8記事を書いて、Googleアドセンスの審査に合格していたよ!記事数よりも記事の質が重要なのかも!


Amazonアソシエイト審査 合格のコツ

「Amazon アソシエイト・プログラムでは、Amazonのお客様に価値ある情報を提供していただけるアソシエイトを求めています」(引用: アソシエイトセントラル)。

そのため、Googleアドセンスと同様に読者の視点に立った記事を作成し、申請しましょう。


具体的な対策方法

  • Amazonで購入しているアカウントで申請する

    申請時には、購入履歴やAmazon Prime、Kindle Unlimitedなどが登録されたアカウントで申請するようにしましょう。(アマゾンが明言しているわけではありませんが、誠意を示すため)
  • ブログの説明に注意を払う

    申請時には、ブログが「どのような読者にとってメリットがあるのか」「主に取り扱う商品の例」などを明確かつ分かりやすく説明しましょう。

    申請時には、トップページと自慢の記事のリンクを2、3ページ送って積極的にサイトをアピールしましょう。
  • 記事数を考慮する

    Amazonアソシエイトには、最低でも10以上の記事を掲載する必要があります。

    申請の審査基準に具体的な規約がありますので、商品の説明を含む記事を作成し、Amazonアソシエイトとの相性の良さをアピールしましょう。
  • 180日以内に3回以上の販売をする。

    サインアップ後、Amazonアソシエイトを通じて180日以内に3回以上の販売が必要となります。

    販売後、Amazonから審査結果が1〜2日以内に通知されます。

    申請後は、Amazonアソシエイトのリンクを記事に掲載し、3回以上の販売を促進するための対策を記事内で行いましょう。


Amazonアソシエイトプログラム参加申請をお断りするサイト例を参考に、審査申請を断られないように気をつけましょう。

参考:Amazonアソシエイトプログラム参加申請をお断りするサイト例


もしもアフィリエイト

みなせ

Amazonアソシエイトの審査に落ちてしまった場合でも、もしもアフィリエイトというASPを通じてAmazonの商品をアフィリエイトできるよ!この方法も検討してみてね!


5-4 ブログに広告を掲載する

アフィリエイトやGoogleアドセンスへの登録が完了したら、実際にブログに広告を掲載しましょう。

広告の表示方法には大きく2つの方法があります。


広告の表示方法

  • ブログに広告枠を用意し、掲載する。
  • 紹介記事として広告掲載。


どちらの方法を選ぶかは、ブログのデザインやコンテンツの性質によって異なります。

自身のブログの特徴や読者のニーズに合わせて、適切な広告掲載方法を選択しましょう。


ブログに広告枠を設けて掲載する。

ブログ内で広告を掲載できる場所は多岐に渡ります。

具体的には、ヘッダー部分、タイトルの上下、記事上、記事中、記事下、サイドバー(上・中・下)、フッターなど

Googleアドセンスでは、読者の興味に基づいて広告が自動的に配信されるため、広告リンクを貼り付けるだけで構いません。

掲載する広告の調整は行えませんが、Googleはブログの内容や読者と関連性の高い広告を提供するよう努めていますので、収益性が高めです

Google アドセンスを利用すれば、どのようなジャンルのブログでもアクセス数に応じて確実に収益を上げられます。


みなせ

最初は、Google アドセンスを導入しておけば間違いなし!


Amazonアソシエイトやアフィリエイトは、漫画やゲーム、ファッションやメイクなどの特定のジャンルに特化したブログの場合、Google アドセンスの代わりに広告が掲載されていることがあります。


特化ブログって?

みなせ

特化ブログとは、一つのジャンルに絞って記事を書いているブログのことだよ!


雑記ブログって?

みなせ

雑記ブログとは、ジャンルやテーマを絞らずに記事を書いているブログのことだよ!


たとえば、ゲームの特化ブログではサイドバーにフィギュアの広告を掲載したり、メイクの特化ブログではヘッダーに化粧品の広告を掲載している場合もあります。

ブログのジャンルに関連する商品やサービスを選んで掲載することで、Google アドセンスよりも高い収入が得られます。


みなせ

特化ブログでは、最初にGoogle アドセンスの広告を配置。アクセスが集まってきたら、アフィリエイト広告やAmazonアソシエイトの広告を追加していく流れがおすすめだよ!


紹介記事として広告掲載する。

もうひとつの方法は、商品の紹介記事を書き、記事内に広告を掲載する方法です。

広告は、記事中の自然な位置に配置します。

おすすめの広告掲載方法は以下の通りです。


おすすめの広告掲載方法

  • 冒頭の商品紹介時にバナーを配置する。

    早く答えやおすすめ商品が知りたい読者向けに、冒頭で広告を表示。
  • 記事の最後にバナーを配置する。

    商品の利点について詳しく説明し、読者の購買意欲を高めた後に広告を表示。


Google アドセンスの場合、自分で広告を選ぶことはできませんので、この掲載方法は使用できません。

また、広告に関して「こちらの広告をクリック」と書くのは、ポリシー違反となり禁止されていますので、注意してください。

参考: 誤クリックの誘導の禁止



アフィリエイト記事の作成におけるポイント


アフィリエイト記事の作成におけるポイントは、読者の視点で記事を書くことです。

読者は商品の説明よりも、自分の悩みや課題を解決したいと思っています。

読者が納得し共感することで、成果が生まれやすくなります。

たとえば、ランニングシューズを紹介する場合、

×

「このランニングシューズは軽量でクッション性もあり、快適なランニング体験ができます!」

「私は、このランニングシューズでマラソン大会に参加しました。足への負担が少なく、長距離でも疲れにくいです!」


こういった紹介すると、実際に商品を使っているイメージが湧き、購買意欲が高まります


みなせ

自分が実際に使ったことがある商品を友人に紹介するつもりで記事を書くといいよ!


記事を継続的に作成し、改善していこう!

みなせ

ブログのコンテンツが充実してきたら、内部リンクを設置しよう!

これにより、訪問者を他の記事に誘導でき、ブログ内での滞在時間を延ばせるよ。

さらに、ブログのアクセスを分析し、ユーザーの広告クリック率を向上させるなど、ユーザーが商品やサービスを購入する結果につながるよう改善することで、収益が上がっていくよ!


6.ブログで広告収入を稼ぐために覚えておくべき3つのこと

ブログで広告収入を得るために覚えておくべき3つの重要なポイントを紹介します。


ブログの広告収入で稼ぐためのポイント

  • 最初は楽しく書けるテーマから始める。
  • 経験を積んでからSEOの知識を学ぶ。
  • 副業としてリラックスして焦らずに進める。


最近は副業の人気も高まり、SNSやインターネット上には悪質な情報商材も増えてきています。

しかし、それらの情報に惑わされずに、確実に広告収入を得るために以下のポイントを押さえてブログ運営を続けましょう。


6-1 最初は楽しく書けるテーマから始める。

ブログを初めたばかりの人にとって、書ける記事のネタには限りがあることやユーザーを効果的にコンバージョンさせるスキルを身につけることはなかなか難しいものです。

スキルが身に付く前に挫折してしまわないためにも、最初は楽しく書けるテーマから始めましょう。

おすすめは、これまでの人生で経験してきたことに関連するテーマ


おすすめの広告掲載方法

  • 現在の職業に関すること。
  • 情熱を注いできた趣味に関すること。
  • 家族やペットに関すること。


生い立ちや今までの出来事などを振り返り、自分に合ったテーマを見つけてみましょう。

楽しく書けるなら、未経験や知識のないブログのテーマでも問題ありません。


6-2 経験を積んでからSEOの知識を学ぶ。

楽しく書ける話題から始めて、慣れてきたら、徐々にSEOの知識を身につけていきましょう。

SEOを利用するとブログのアクセス数が安定し、広告収入の増加につながります。

なかには、TwitterやInstagramなどのSNSを使ってブログの集客をしている方もいます。

しかし、それだけでは自身が常に稼働し続けなければなりません

一方で、SEOを活用すると、ブログがあなたの代わりに働いてくれます


みなせ

SEOでアクセス数を取れれば、あなたが寝ている間でもブログが働いてくれるよ!


Googleの検索エンジンから訪れるユーザーを増やすには、他のブロガーや企業よりも上位に表示される必要があります。

したがって、ブログを継続して書くスキルが身についたら、SEOの学習にも取り組んでみてください。


6-3 副業としてリラックスして焦らずに進める。

最後に重要な点として、ブログをまずは「副業として取り組む」ということが挙げられます。

ブログに全力を注ぐために本業を辞めることは悪い選択ではありませんが、現実にはブログだけで生計を立てることは非常に難しいです。

本業を辞めてからブログを始めることは高いリスクを伴います。

「ブログで収益を得るためには覚悟が必要であり、会社を辞めた経験もブログのネタになる」という意見もあります。

ただ、実際には社会的な信用を持ちながら月数百万円以上の収益を得ているブロガーも存在します。


みなせ

副業としてブログに取り組む場合は、失敗しても収入がゼロになることはないから、安心してブログ運営に集中できる!


ブログを収益化するためには、まずアクセスを集めることが最初の一歩

もし勤めている会社が副業を禁止している場合は、アクセスが増えるまでは広告を掲載せずにブログを運営する方法もあります。

そして、月に数万回から数十万回のアクセスがある程度見込めるようになったら、副業が許される会社への転職も考慮できます。

月に数万回のアクセスを持つブログを運営できれば、あなたはIT人材として非常に高い市場価値を持っているでしょう。

そのため、現在の給料よりも高い待遇で副業が可能な会社への転職が実現できるかもしれません。


7.ブログで広告収入を得る方法 まとめ

この記事では、初心者向けにブログの広告収入の仕組みと主要な3つの広告サービスについて紹介しました。

今回ご紹介した3つのサービスだけでも、個人のブログの広告収入の9割以上をカバーできます。


ブログの収益化のまとめ

  • おすすめの広告サービスは、「アフィリエイト(ASP)」、「Googleアドセンス」、「Amazonアソシエイト」の3つ。
  • ブログに記事を掲載し、広告サービスに登録しよう。
  • ブログに広告を掲載して収益を得よう。


初心者がブログを収益化するのは、容易なことではありません。

広告収入の仕組みを理解し、ブログを運営していくことで収益化までの時間を短縮できます。


みなせ

最後まで見てくれてありがとう!この記事で紹介した広告収入の仕組みや各サービスの特徴を押さえて、少しでも早くブログから収入を得られるように頑張ろう!


実際にブログを始めたい方へ

実際にブログを始めたい方へ

日本マーケティングリサーチ機構による調査で、

  • 「アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー」

  • 「WordPress利用者がおすすめするレンタルサーバー」

  • 「サポートが充実していると思うレンタルサーバー」

3部門において4年連続でNo.1を獲得しているレンタルサーバー「ConoHa WING」は、期間限定でキャンペーンを開催中です。

ぜひ、このお得な機会にWordPressブログをご検討ください。

ConoHa WING 公式サイト


「ゼロから始めるブログ生活 │ みなせは、ブログで生きる。」では、初心者の方にわかりやすく簡単にブログを始められる方法を解説しています。

これからブログを始める方は、「ブログの始め方 完全ガイド」を参考にしてみてください。


以下の記事では、初心者の方でも簡単にWordPressブログを開設する方法を解説しています。

「ブログを始めたいけど、どうしたらいいのかわからない...」という方は、参考にしてみてください。

-収益化